環水平アークと日暈(ひがさ)

今日、工藤じゅんきさんのラジオ
十人十色(ローカルですみません)を聞きながら
原稿描いてたら。


「リスナーのかたから、「じゅんきさん!今
西の空に虹の雲が出ていてきれいです!」というメールが」


えっ!?なになに?
虹じゃなくて、虹の雲???


うちからも見えるかな。
c0021369_21544745.jpg


わー・・・!


きれい~・・・なにこれー!


しばし見とれてから、カメラ、携帯で
ばしばし撮影。


そののち、うぃきで調べる。
ふむふむ、彩雲、という名前で覚えていたけど
環水平アーク、というのかコレ!
上空の氷の結晶の方向がほぼそろったときに、
この結晶で屈折した太陽光により・・・いやもう
難しいことはおいといて。

c0021369_21555521.jpg

太陽の周りにも虹っぽいものが丸く出ていました。
日暈です。内暈とも言うらしい。


ついこの間まで、曇りで雨でグズグズの冷え冷え天気だったのですが。
今日はいきなり真夏日ヽ(@□@;)ノ。
そらあ空もビックリしていろいろ虹色になるよね。


これらは地震の前兆、ともうわさされてますが
幸運のしるし、とも言われている。


なんかね、こういうの見て「地震!」と言うのは
雷が落ちるのをインチキ霊媒師が「たたりじゃあ!」と言ってた
大昔と似ている気がする。
地震があってもそれは結果論。


どうせなら、幸運のほうを取りたい。


これをごらんになった方々にも
幸運が訪れますように。


いきなり真夏になった日にこんなのを
ボケっと見てたら、すっかり顔が焼けたけどね。
ヒリヒリ~。

by sayorin-muse | 2014-05-29 21:57 | 生活総合バナ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://chaban.exblog.jp/tb/22176566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。