歴史というもの

学生時代は、歴史とか地理とか
覚えなきゃならない系は
本当に苦手で。


数学など、解くものが好きでした。


でも。年を重ねるとわかるのですが
歴史や地理は覚えるものではない。


理解するものです。


タイにメールおともだちが出来た時に
タイという国の事情なり
気温なり…いろんなものを聞きました。
ちょうどクーデターがあった時で
大丈夫なの!?とメールしたら
戦車の前で兵士とVサインしてる
写真送ってくれたw。
なんかこう、いろんなカルチャーショーック!


へえ~そうなんだ~…って。
それはもはや、地理や歴史の学習とは
ちょっと違うもの。でも理解していく。


今、わたしたちが見てるもの感じてるものが
歴史になってゆくんだなあと。
今起きてることは20年30年たてば
教科書に載ることなのだなあと。


今、学生であって
社会科系が苦手な人は
そうやって発想を変えていくと
違った興味を持てて、出来るようになると思います。


今日の広島のニュースで思いました。


わたしにはもう試験などはないけれど。
昔より、世界のことに興味が持てているので
少しずつ理解していこうと。


生涯学習。ゆーきゃん。
いえす、うぃきゃん。

by sayorin-muse | 2016-05-27 22:20 | 生活総合バナ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://chaban.exblog.jp/tb/25647483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。