焼き鳥屋さんのツイ

最近話題になってた
串からはずして食べないでー
わたしたちの努力わかってー
とか言う焼き鳥屋さんの話。


いろんな意見があると思いますが
ちゃんと客商売をやってる
同業者が一番お気の毒。
ちゃんと商売してる所は
この言い分腹立たしいと思います。


お客様は神様、という言い方に
疑問を呈する人もいる。それは、
半分あってて半分間違ってると思います。


いわゆる、スカッとジャパンに出てくるような
変なクレーマーは、神様じゃなくていいと思う。
「さっさと帰れ。悪口?どうぞご自由に。」
そういう態度でかまわない。
むしろ、そうすべき。


でも。
焼き鳥の串の話は違うと思う。
努力をわかって、というのは
プロが言う台詞じゃない。
食べ方を指定するってのは
あきらかにどうだろうと思います。


が。しかーし。


昔、札幌でとてもおいしいラーメン屋があって
そこは壁に「当店のスープは自慢のスープなので
残さずにお飲みください」という貼り紙があった。


確かにとてもおいしかったです。
でも、残しても別に何も言われなかったなあw


あの焼き鳥屋さんも
こういう感じで、お店の看板だけとか
それだったらよかったのに。
それならお客も「うるせえなあ、ははは」と
ぬる~い感じですむのに。
twitter発信というところに
店側のミスがあったかも。


twitterだと、みんな真剣に考えちゃうよねえ。
必要以上に、真面目に考えちゃうかもねえ。
今はそれがどこの店かなんて
簡単にわかっちゃうし。
結果、「ああ、ツイでなんかごちゃごちゃ言ってた店?
行きたくないなー」になっちゃう。
これはマズイでしょう。


お客に言いたいことは自分の店だけで言えと。
そおゆうことですね。
つまりは、プロのお店というのは
twitter発信での結果を熟考できる店、なのかも。


ちなみに、個人的には
おいしい焼き鳥はやはり、串からぐいっと
行きたいですね。
おいしさ違うもんね。
汚れるのを気にするような服でも
顔でもトシでもないしw
ねぎまとかぽんじりとかひな皮とかは塩で。
内臓系はタレでいただきたい。


というところで困るのが、
微妙な立ち位置のタンですな。
塩もいいけどタレもいい・・・。じゅる。
あかん、よだれが。


お酒はまったく飲めないのに
お酒のつまみになるものが好きです。

by sayorin-muse | 2016-12-05 16:35 | 生活総合バナ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://chaban.exblog.jp/tb/26204202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。